2017/11/14 更新

やりとりをもっとスムーズに!「購入にあたってのお願い」の書き方のポイント

80 view

「購入にあたってのお願い」を使うと、やりとりのトラブルを防ぐことができるだけでなく、満足度UPにも繋がることはご存じですか?「どんなことを書けば良いのかわからない」という方や、「書いているのにちゃんと読んでもらえない…」という方にも役立つ、「購入にあたってのお願い」のコツを紹介します。

「購入にあたってのお願い」はなぜ大切なの?

この欄はサービスの購入にあたり、購入者の方へ事前に了承いただきたいこと・用意してもらいたいことを書くスペースです。この欄に記載した内容は、購入後にオープンするトークルームの上部にも表示されます。

▼ トークルームではこんな風に表示されます トークルームのイメージ

このため、「購入にあたってのお願い」の記載に不足があると、“購入者の方との認識ずれ”が生じてしまいます。その結果、「お願いできると思って依頼したのに、対応してもらえなかった…」など、キャンセルやクレームなどのトラブルに繋がることもあります。

一方、この項目でしっかり事前説明を行っておくと、購入者の方は終始安心してやりとりできるため、サービス提供後の満足度も高まり、高評価に繋がります。ぜひ次に紹介するポイントを参考にして、ページを見直してみてくださいね。

「購入にあたってのお願い」の書き方のコツ

書き方のコツは4つあります。1つずつ見ていきましょう!

ポイント1:こんな内容を書いておくのがオススメ

書いておくべき内容はサービスによっても異なりますが、主に以下のような内容を書いておくのがおすすめです。この中から、自分のサービスではどれが特に重要そうかを考えて、記入してみましょう。

(1) 購入者に提供してほしい情報や、質問の仕方

サービス提供にあたりどんな情報が必要なのか、どんな風に相談してほしいのか

・購入後、まずはご自身の写真をお送りください。(なるべく自然光の下で撮影されたもの)

・最初に大学名、志望企業、志望職種と、悩んでいる点を教えてください。

(2) サービスで提供する成果物

トークルームのメッセージで答えるのか、画像や書類などデータを納品する形式なのか

・正式な回答は●枚程度のPDFファイルでお送りします。

(3) サービス購入後のやり取りの流れ

トークルームでのやり取りの回数やかかる期間、正式な回答までの納期など

・情報をお送りいただいた後1〜2度こちらから質問し、その後3日ほど作業に時間をいただきます。なので、納品までは購入してから大体5日ほどを目安にお考えください。

(4) 定価で対応できる作業範囲

定価で購入した場合どこまで対応できるのか、どんなケースなら有料オプションの購入が必要なのか

・定価では○○まで対応可能ですが、△△以上は対応範囲外です。もし希望される場合は、オプションの購入をお願いします。

(5) 免責事項など、その他の条件

修正回数・対応できないケース・追加作業日が発生するケースなど

・修正は1回までお受けします。

・◆◆のケースには、このサービスでは対応いたしかねます。あらかじめご了承ください。

ポイント2:入りきらない場合は、優先度が高いものに絞る

サービスによっては「どれも重要で、書きたいことが多すぎて入りきらないよ!」という場合もあるかもしれません。そんな時は、一通り箇条書きで書き出した後、特に優先度の高いものをピックアップして記入してください。

入りきらなかった優先度が低い項目については、サービスページの他の項目で説明するという方法も考えてみましょう。例えば、“このサービスで提供する成果物”は「回答のサンプル」に実際のサンプルを掲載しておく、“対応できないケース”は「よくある質問」でその旨を伝える、などです。

ポイント3:「情報の整理」をして、読み飛ばしを防ぐ

一般的にインターネット上の文章は、読み飛ばしが起きやすいと言われています。なぜなら、「ちょっとスクロールするだけで、すぐに次の文章に移動できてしまう」という性質があるためです。なので、「購入にあたってのお願い」をちゃんと読んでもらうためには、あらかじめ読み飛ばしへの対策が必要です。

対策として一番に挙げられるのは、「情報を整理して記入すること」です。例えば、「見出しをつけて、何についての話かぱっとわかるようにする」「文章ではなく、箇条書きで整理して記載する」など、頭に入ってきやすく整理することで、読み飛ばしをぐっと減らすことができます。

以下に、上手に情報を整理して記入されている例を紹介します!

ポイント4:「後から気づいた点」も都度追記していく

トークルームでのやりとりを何回か重ねていくと、「最初の時点でこんな説明をしておいた方が良さそう」とか「こういう説明がなかったから、認識ずれが生じてしまったんだな」など、多々気づく点がでてくると思います。

その際、ただ気づくで終わらせずに、都度この「購入にあたってのお願い」に追記・修正していくことが重要です。内容がブラッシュアップされることで、以降の購入者の方とのやりとりがスムーズになるため、高い満足度・高評価に繋がり、さらにあなたのサービスが売れやすくなるはずです!

最後に「チェックリスト」で確認してみよう

ここまで紹介したコツを、チェックリストにまとめました。ご自身のサービスページを見ながら、以下の項目が満たされているか確認してみましょう。

  • 「購入者に提供してほしい情報や質問の仕方」は、明確になっているか

  • 「サービスで提供する成果物」は、明確になっているか

  • 「サービス購入後のやり取りの流れ」が、イメージできるか

  • 「定価で対応できる作業範囲」が、明確になっているか

  • 「免責事項など、その他の条件」が、明確になっているか

  • 記載内容は見出しで分けるなど、「情報がわかりやすく整理」されているか


いかがでしたか?ぜひ上記のコツを参考に、「購入にあたってのお願い」を活用してみてくださいね。

≫ サービス編集はこちら

この記事のタグ

この記事を書いた人

ココナラ運営スタッフ ココナラ運営スタッフ