2017/8/29 更新

実は1枚目と2・3枚目で見せるべき画像は違う!「サービス画像」の設定のコツ

332 view

サービスの第一印象を決める、「サービス画像」。この記事では、お客さんが思わずクリックしてしまうような画像の選び方を紹介します。

画像は「3枚すべて登録」がおすすめ!

サービス画像は、設定上限の「3枚」までしっかり登録しておきましょう。

実際に自分がサービスを購入する側になって、想像してみてください。「文字だけが多いページ」よりも「テキストの説明に加えて、画像も充実しているページ」の方が、買いやすいですよね。画像が充実していると、サービスの購入イメージがつきやすくなり、検討中のお客さんへサービスの魅力を強力にアピールしてくれます。

1枚目:なるべく大きく写っている、とっておきの1枚

3枚のうち、一番重要なのが1枚目!ぜひ「とっておきの1枚」を設定してください。なぜなら、検索結果などで表示される画像はこの1枚目なので、サービスの第一印象を決める要素になるためです。

特に検索結果などでは、サービス画像は縮小して表示されるので、「なるべく大きく写っているもの」にするのがおすすめ!画像が見やすいと、サービスを探しているお客さんの目に止まりやすくなり、クリックしてもらえる可能性がぐっと上がります。

2・3枚目:バリエーションや事例など詳細を表す画像

2・3枚目には、バリエーションや事例など、詳細を表す画像を設定しておきましょう。

特に似顔絵・イラスト・デザインなどの“制作系サービス”では、過去の作品事例は2・3枚目に載せるのがおすすめです。2・3枚目はサービスページでしか表示されませんが、サービスページでは拡大して表示できるので、多くのバリエーションや事例を載せるのに向いています。

このような画像を載せておけば、購入を検討しているお客さんにより購入のイメージを持ってもらいやすくなります。


いかがでしたか?ぜひ上記のコツを参考に、サービス画像を見直してみてくださいね。

≫ サービス編集はこちら

この記事のタグ

この記事を書いた人

ココナラ運営スタッフ ココナラ運営スタッフ