2018/2/28 更新

【探し方】お目当てのサービスが見つかる!「サービスの探し方のコツ」

501 view

ココナラには200を超えるカテゴリに、17万件以上のサービスが出品されています!

そこでこのページでは、多くのサービスの中からお目当てのものをスムーズに"検索"で見つけるための、「探し方のコツ」をまとめました。見つからなかったあのサービスも、この検索のコツをおさえれば見つけられるかも?

目次

「ぴったり合ったものが出てこないとき」は?

(1) 条件を増やしてみる

カテゴリの指定

ココナラには多数のカテゴリが存在するため、検索キーワードによっては、関係のないカテゴリのサービスも拾ってしまう事があります。あなたがお願いしたいことが一番関連していそうなカテゴリを選んで、指定しておきましょう。

検索キーワードの追加

現在入力している検索キーワードが広すぎて、絞り込めていない可能性があります。お願いしたいことを改めて思い出しながら、テイスト・用途・種類など追加で絞り込むキーワードを入れてみましょう。

  • (例)「似顔絵 アイコン」で検索している場合
    • テイスト(手書き/ほんわか/リアル/デフォルメ)も追加して絞り込む
  • (例)「ナレーション」で検索している場合
    • 用途(商品説明/館内放送/電話の自動音声)も追加して絞り込む

価格・お届け日の追加

もし予算や納期に制限がある場合は、「価格」「お届け日」も希望する内容で指定おきましょう。

「価格」や「お届け日」は出品者さんによってさまざまです。このため、あらかじめ条件を設置することで、希望に沿った形で対応可能なサービスに絞ることができます。

(2) 表示順序を変えてみる

今見ている表示順序を変えると、希望に沿ったサービスが見つけやすいかもしれません。ココナラでは現在、検索結果の上部から以下の4つの表示順序で並べ替えて表示することが可能です。

  • おすすめ順
    • サービスごとに「情報量」「人気度」「信頼性(キャンセル率など)」を総合的に計算したスコアが高い順
  • 新着順
  • ランキング
    • 1週間の売れ筋にサービスの信頼性を加味して表示
  • お気に入り数順
    • お気に入り登録数が多い順

「出てくる候補が少ないとき」は?

(1) 条件を減らす

今設定している絞り込み条件が厳しくて、候補が十分に表示されていない可能性があります。

カテゴリを指定している場合は、一旦条件を外す・別のカテゴリに設定して再度検索してみましょう。「価格」や「お届け日」の条件も同様に、一旦ラインを下げる・全てクリアにしてみると、希望条件に近いサービスが見つかる可能性があがります。

(2) 言い換えや表記違いなど、違うキーワードでも検索してみる

今入力している検索キーワードに、言い換えや表記違いの言葉はありませんか?もしあれば、違うキーワードで改めて検索してみましょう。

例えばこのようなイメージです。

  • (例)「バナー制作」のサービスを探している場合
    • 言い換えの「バナー作成」や、表記違いの「バナー製作」でも検索してみる

それでも見つからないときは?

「検索キーワードや絞り込み条件を調整しても、見つからない…」という場合は、そのサービスがまだ出品されていない可能性があります。

そんな時は、サービスをそのまま探すのではなく、「対応してくれる人」を探してみましょう!

(1) お願いできそうな出品者さんに、直接打診

サービスを探す中で、ぴったりほしいサービスを出品していなくても、「似たサービスを出品されている出品者さん」はいませんでしたか?現在サービスとして出品していなくとも、もしかしたらその方こそが、“あなたのお願いしたい事に対応できるスキル”を持っているかもしれません!

まずは、ダイレクトメッセージで要件を伝えて、対応してもらうことは可能か、直接相談してみましょう。出品者の方とやりとりにあたっては、ココナラのルールとマナーを確認しておきましょう。

(2) 「リクエストボード」で募集

リクエストボード

≫ リクエストボードはこちら

リクエストボードとは、「依頼したい人」と「依頼に応えてくれる人」をつなぐ場です。

購入者の方がお願いしたい内容を「依頼(リクエスト)」として投稿すると、出品者の方から「提案」が寄せられます。その後、購入者の方は寄せられた中から提案を選ぶと取引成立となり、依頼に対応してもらうことができるんです。

詳しくは、[ご利用ガイド]リクエストボードをご覧ください。


≫ 「購入のコツ」に戻る

この記事を書いた人

ココナラ運営スタッフ ココナラ運営スタッフ