2021/4/7 更新

出品者は必読!ココナラでの販売ルールについて

202 view
ココナラでは景品表示法に基づく販売ルールとして、以下の行為を禁止しています。
違反が確認された場合には、利用規約に基づき、機能の利用制限など必要な措置を取らせていただく場合があります。

・景品表示法に違反する出品、またはその恐れのある出品
・その他不当な表現によりサービスの購入を誘うこと、または購入させること

本ページでは、景品表示法に違反する恐れがある出品としてよくあるケースを、関連する表示として許容される例とともに紹介します。

すでに出品・販売をされている方は、「ご自身のサービスページやプロフィールページに、修正が必要なポイントがないか」を確認しましょう。
これから出品・販売を開始される予定の方は、本ページの内容を一読した上で出品・販売内容を検討してください。

《 目次 》


1.「著しくクオリティが高いと購入者に誤認させる」表示について(優良誤認表示)

(1) 不実証広告規制

「不実証広告」とは、合理的な根拠がなく実証されていない内容の表示をすることを言います。
ココナラで禁止されている表示と許容される表示の一例は以下の通りです。

1-1:体験談等の表示

<禁止される表示>
・悪い体験談もあるにもかかわらず、体験談の中から良い体験談・購入レビューのみを選んでデータ化したものを表示する場合

(例)「平均して5日後に効果を実感」などと記載があるが、効果を感じた人だけの平均値であり、効果がなかった人を含まないデータを表示する場合
(例)ココナラ内の評価の一部をスクリーンショットで掲載し、あたかもこの評価が購入者の大多数の意見であるかのような誤解を招く表示をする行為

・体験談として記載があるが、実際にはそのような体験談が存在しない場合、または体験談の記載を裏付ける合理的根拠がない場合

(例)「このサービスでご紹介する方法で、2019年1月から3月の3ヶ月間で30万円稼ぎました」と記載があるが、「このサービスでご紹介する方法」と「30万円稼ぎました」との間に因果関係があることを示す合理的根拠がない場合

<許容される表示>
・実際に存在し、根拠のある内容の体験談を記載する場合
・実際に存在する体験談をデータ化して表示する際、悪い体験談も含めて公正なデータを作成したとみられる記載

1-2:効果に関する記載

<禁止される表示>
・科学的根拠のない具体的な効果が生じる旨の記載

(例)
・「運気が80%の確率で良くなります」
・「金運が10倍になります」
・「通常のサービスと比較して、こちらのサービスはエネルギーが2倍」
・「使ったお金が2倍、3倍になって戻ってきた」
・「オプション購入により効果が長続きします」
などと記載しているが事実に反し又は購入との因果関係を科学的根拠を持って合理的に説明できない表示

<許容される表示>
・抽象的な効果の表示で、その効果について具体的にイメージを持つことがない表示

(例)「健康になる」「気分が良くなる」「ハッピーになる」

・神秘的内容を含む表現で、その効果について具体的にイメージを持つことがない抽象的な表現

(例) 占い等のサービスで「開運」「金運アップ」などの表現

・効果に触れないサービス内容の説明と認められるもの

(例)「有料オプションを購入いただくと、2ヶ月間にわたり3回実施します」

・通常の消費者が見れば、サービスを購入することでそのような効果が生じることがないことが明らかであるときの合理的根拠のない効果の表示

(例)「右腕と左腕を使って羽ばたくだけ、明日から君も空を飛べる?とっておきの筋トレ方法教えます」


1-3:実績件数等の表示

<禁止される表示>
・実際にはない実績件数、実際とは異なる実績件数、または不公正な実績件数等の表示

(例)「実績件数100件」などと記載しているが、虚偽であり、またはココナラ内の別のサービス(の実績)も含むのにその旨の表示がない場合

<許容される表示>
・合理的な根拠のある公正な実績の表示
・別のサービスの実績も含む表示をする場合、その内訳の概要を記載する表示

(例)別のサービスの実績も含む場合に「実績100件」と表示した上で、「※ココナラで取り扱うすべてのサービスを含む」などと実績の内訳を記載する場合


1-4:最上級を示す表示

<禁止される表示>
・合理的根拠がなく、事実に反しまたは不公正な根拠に基づく最上級を示す表示

(例)事実に反し又は根拠がないのに「顧客満足度MAX」「効果MAX」「最多の評価を頂いています」などと表示すること

<許容される表示>
・合理的な根拠に基づく最上級を示す表示

(2) 比較広告

「比較広告」とは、類似のサービスを提供する事業者のサービスと比較して、自己のサービスが著しくクオリティが高いことを示す表示のことです。
ココナラでは景品表示法にもとづき、”以下の(1)(2)のどちらか一方を満たさない比較広告”を規制しています。
(1) 比較して表示する内容に、適切な調査に基づく合理的根拠があること
(2) 比較の方法が公正であること

2-1:根拠のない比較広告

<禁止される表示>
・調査を行っておらず根拠のない表示、または調査が適切ではない表示

(例)「同種のサービスはだいたいどれも同じようなことを言っていますが、今回本サービスでご案内する方法は大手一流企業でも採用されている方法で、まだ市場に出回っていない今がチャンスです」などの表示をしているが、「大手一流企業で採用されている」点・「まだ市場に出回っていない」点について、適切な調査がされていない場合

<許容される表示>
・適切な調査に基づき、正確に調査結果を引用した上で公平に比較を行っている表示

2.「価格等について著しく安価、または有利であると購入者に誤認させる表示」について(有利誤認表示)

(1) 他のサービス等との価格の比較

<禁止される表示>
・正確に調査して算出されたものでない市価との比較

(例)「この手のサービスはおよそ3万円程度で提供されることが多いところ、今回破格で提供(半額以下!)します」などの記載があるが、同様のサービスの市価は2万円程度である場合

・直近の市価よりも高い価格の比較

(例)「一般的に5,000円はします」などと市価と比較し、たしかに1年前まではそうであるとの根拠があったが、最近市価が下がり、3,000円になっていた場合

<許容される表示>
・正確な調査に基づく直近の市価との比較

(2) 特定の第三者のサービスとの比較

<禁止される表示>
・実際の価格と異なる第三者のサービスとの比較

(例)「このクオリティなら●●で購入したら3万円くらいします」などと記載しているが、実際は2万円で売っている場合

・性質の違うサービスとの比較

(例)「リアルでは2倍くらいの値段になるかと思います」などと記載しているが、リアルの同種のサービスでは、ココナラ上では受けられないサービスも提供されている場合

<許容される表示>
・特定の第三者のサービスと自己のサービスの性質が同一であり、かつ、そのサービスの価格を正確に引用されている比較

(3) 割引・セール価格の表示、過去の販売価格からの値引き・セール表示

<禁止される表示>
・過去の販売実績がない、または販売期間が短い場合の割引・セール表示

(例)「通常10,000円のところ、8,000円です」と表示しているが、10,000円での販売実績がない場合

<許容される表示>
・過去に最近相当期間に渡り販売していた価格を割り引く旨の表示

(例) 「通常10,000円のところ、8,000円です」と表示しており、実際最初にココナラに出品したときから現在までの約半年間はこの価格で販売していた場合


(4) 将来販売する予定の価格からの割引・セール表示

<禁止される表示>
・実際に販売する予定がない価格・結果的に販売しなかった価格から割引する表示

(例)「【今月末まで限定】デビュー記念30%オフ」「3日間限定オープンセール2割引」「●年●月●日から3,000円になります(現状2,000円等の場合)」との表示があるにもかかわらず、予定されている期間が経過後も割引・セール価格で販売している場合

・割引・セール価格を終了する時点が明示されていない場合

(例)「デビュー記念30%オフ」「オープンセール2割引」「もう少ししたら3,000円に値上げします」などの記載のみしており、セール期間がいつまでなのかわからない記載

<許容される表示>
・期間を明示した上で、実際にその期間が経過した時点で元の価格で販売している場合

(5) 価格以外の取引条件に関する表示

<禁止される表示>
・実際はそれより多くの人が購入しているのに「5人限定価格」などと表示している場合
・購入可能人数をあいまいに記載している場合

(例)「数名限定」「少数限定」

<許容される表示>
・購入可能人数を具体的に記載し、かつ、表示通りにサービスを提供している場合

3.景品表示法に関してもっと知りたい場合

以下の消費者庁の関連ページをご覧ください。

▼ 景品表示法 > 表示規制の概要(消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/representation_regulation/

▼ 景品表示法 > 景品表示法違反行為を行った場合はどうなるのでしょうか?(消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/violation/

この記事を書いた人

ココナラ運営スタッフ ココナラ運営スタッフ